オフィスのお悩みレスQ

ホワイトボードをキレイにキープするお掃除方法

会議やプレゼンなどで、さまざまなことを書き留めるホワイトボードは常にキレイに保ちたいものです。しかし、書いてからしばらくたったものなどはなかなかキレイに消すのが難しいのではないでしょうか。

この記事では、基本的な掃除の仕方をはじめ、汚れを落としやすい洗剤など、ホワイトボードをキレイに保つためのさまざまな方法を紹介します。

基本的な掃除方法

まずは、基本的なホワイトボードの掃除手順を確認していきましょう。ホワイトボードは、書いて消してという行為を繰り返し行うため、徐々に汚れが付着してしまいます。使った後は毎日手入れをしておくことで、汚れの付着を抑えることができます。

専用のイレーザーで消す

ホワイトボードには、購入時に黒板消しのような専用のイレーザーがついてきます。ホワイトボードに書いた文字を消すときはもちろんですが、お手入れの際にも一度ホワイトボード全体をイレーザーで綺麗にしましょう。

とくに、筆圧の強い方の場合は、軽くイレーザーをかけたとしても、字の跡が残ったままになることがあります。放置していると取れなくなってしまうので、しっかりと拭き取るようにしましょう。

ここで意外と知られてない便利グッズを人気通販サイト「カウネット」の中から紹介します。

オリジナル文具で有名「カウネット」の魅力

「カウネット」とは
カウネットはオフィス家具・文房具販売最大手「コクヨ」のグループ会社です。自社オリジナル文具を低価格かつ高品質で提供しているのがカウネットの一番の強みになります。

「品揃えの多さ」と「価格の安さ」だけでなく、カウネットだけにしか作れない独自価値が商品に詰め込まれています。

洗えるホワイトボードイレーザーブラシ

「ホワイトボードの汚れが消えにくい...」

そのような方におすすめなアイテムです。なにより水で洗えることによって消去力が復活するのがこの商品の魅力ですね。
「ホワイトボードイレーザーブラシ」の詳細を見る

水拭きをする

専用のイレーザーだけでは、すべての汚れを落とすことができません。イレーザーである程度の文字を消した後は、柔らかい布の雑巾などを用いて、水拭きをしていきましょう。ホワイトボードで使用するペンは水性のペンですので、雑巾で拭くことでイレーザーで落としきれなかった汚れを落とすことができます。

水分を拭き取る

水拭きをした後はホワイトボードに若干の水分が残ってしまいます。このまま放置しても特別の不具合はありませんが、水跡が残ってしまうことがあり、見た目があまりよくありません。濡れていない雑巾で乾拭きをしましょう。

ホワイトボード専用クリーナーでさらに綺麗に

基本的な水拭きをしていても、期間が空いたりすると、どうしても汚れがたまってしまうことがあります。そのような場合は、ホワイトボード用のクリーナーを使うことで綺麗にできます。
主な、クリーナーについてご紹介します。

消毒用エタノール

エタノールは、有機溶剤であることから油を溶かす性質があります。ホワイトボードに付着した、脂汚れや皮脂などの油分を綺麗に落とすことができます。

シートタイプのクリーナー

アルコール成分、界面活性剤、アルカリ剤等がしみ込んでいるシートタイプのクリーナーです。サッとシートを取って拭くだけなので、手軽に使えます。

スプレータイプのクリーナー

アルコール成分、界面活性剤、アルカリ剤等の入った液体クリーナーをスプレーして掃除をします。汚れに合わせて、量を調節することが可能です。

これらのクリーナーを使用して掃除をした後も、できる限り乾拭きをしておくようにすると、綺麗な状態を保つことができるでしょう。

ホワイトボードをキレイに保つための注意点

ホワイトボードを長期間、綺麗に保っておくための注意点について詳しくご紹介します。

  • 字を書いてすぐに消さない
  • 字を長期間書いたまま放置しない
  • イレーザーもこまめに手入れをする
  • 間違った手入れをしない

字を書いてすぐに消せば、綺麗に消せるのではないかと考えがちですが、字が乾いていないうちに消してしまうと、ペンの成分が伸びて汚れやすいです。また、逆に長期間放置してしまうと、固着して文字が消えにくくなってしまうため、注意が必要です。

また、イレーザーにもペンの成分がたまっていきますので、定期的に綺麗にしておくことで、汚れを拭き取りやすい状態を保つことができます。

そして、手入れをしているつもりが、ホワイトボードを劣化させてしまうこともあります。たとえば、メラミンスポンジは綺麗に汚れを落とすことができますが、表面のコーティングを傷つけてしまう恐れがあります。

また、アルカリ性洗剤や除光液、シンナーなども表面のコーティングを傷つけたり、被膜をつけてしまうことで文字がにじみやすくなったりすることがあるので気をつけましょう。

掃除しても汚れが落ちない場合は

普段から手入れを欠かさず、効果的なホワイトボードクリーナーなどを使用していても、綺麗に汚れが落ちない場合は、そのほかの要因が原因である可能性があります。

ホワイトボードの劣化

ホワイトボードに傷がついたり、埃などが付着することによってコーティングが落ちたり、効果が発揮されないことがあります。

イレーザーの劣化

イレーザーの手入れを怠ってしまうと、イレーザーの中に汚れやペンの成分がたまってしまいます。それによって、イレーザーが劣化して綺麗に字を消せなくなることがあります。

マーカーの劣化

マーカーが劣化することで、力を入れないと字を書くことができずに、コーティングを削ってしまい、字が落ちにくくなることがあります。

特に、ホワイトボードが劣化してしまうと、イレーザーやマーカーを新調しても意味がありません。そんなときには、ホワイトボードのコーティング剤を使ってみましょう。ホワイトボード表面のコーティングを復活させて、再び綺麗に消すことができるようになります。

まとめ

ホワイトボードは、適切な手入れをすることによって、長期間綺麗な状態を保つことができます。また、ホワイトボードが劣化したとしても、コーティング剤を使うことで、再び綺麗に消すことができるようになる可能性があります。

是非、お持ちのホワイトボードの手入れをしてみてはいかがでしょうか?
カウネットの商品をもっと見てみる

TOP