オフィスのお悩みレスQ

おしゃれなデスクマット&用途別の選び方

自分のデスクにおしゃれなマットが敷いてあると、なんとなく仕事を頑張ろうという気分になれますよね。デスクマットにはおしゃれなもの以外にもさまざまな種類があり、実はこだわりを持って選んでいるという方も多くいらっしゃるんです。

今回は、おしゃれなデスクマットをはじめ、材質別のデスクマットの種類、デスクマットの選び方を紹介します。

デスクマットの種類

書き物やパソコン作業をするデスクの天板に敷いて使うデスクマットには、材質においていくつかの種類があります。それぞれの特徴を見てみましょう。

オレフィン系樹脂製品

非塩ビ系とも呼ばれるオレフィン系樹脂は摩擦に強く、大きめサイズでも軽いのが特徴です。透明度が非常に高く、はさんだ書類の文字がはっきり確認できます。

再生オレフィン系樹脂製品

オレフィン系樹脂製品の中でも再生材が含まれているタイプで、特徴はオレフィン系樹脂とほぼ同じです。耐摩耗性が高く軽さがあり、書類に文字を書き込む作業が多くても傷が付きにくいため、いつまでも見えやすい状態で書類を挟んでおくことができます。

PVC-P(塩化ビニル)系製品

塩化ビニル樹脂は収縮するというのが最大の特徴です。その特性により、カッターなどの傷が入った場合にその跡が目立ちにくいというメリットがあります。また硬さの調節がしやすいため必要な硬さをいろいろと設定できますし、オレフィン系樹脂よりも販売価格が安めです。

ただし耐熱温度が低いので、熱い飲み物が入ったカップなどを置くと変形する可能性があります。

アクリル系製品

硬質な素材であることが特徴で、鉛筆や色鉛筆といった筆記用具で書き物をする際に適しています。

デスクマットの用途別の選び方

デスクマットといっても種類が多いため、選ぶ際には欲しいデスクマットの選択基準をあらかじめ決めておくとよいでしょう。自分に合ったデスクマットを選ぶためにはどのようなポイントをチェックするとよいかを見てみましょう。

使用する筆記用具の種類から選ぶ方法

文書作成はもっぱらパソコンで…という人は多いでしょうが、ちょっとしたメモ書きやプリントアウトした書類のチェックなど、意外に筆記用具を使って書く作業をする機会は多いものです。どんな筆記用具を普段使用しているかによって、相性のよいデスクマットの素材を選ぶと使いやすさがアップします。

ボールペンなどの芯が硬質なタイプの筆記用具を多用する場合は、適度なクッション性があるデスクマットがおすすめです。オレフィン系樹脂製品や塩化ビニル系製品だと書きやすくなります。

対して鉛筆や色鉛筆といった芯が軟質なタイプの筆記用具を多用する場合は、しっかりとした硬さのあるデスクマットがおすすめです。アクリル系製品だと余計な力が加わりません。

デスクマットの透明度で選ぶ方法

デスクマットはデスクの天板を保護する・書く作業時の力が腕にかかる負荷を軽減するといった目的以外に、書類を汚さず見えやすく保管するという目的で使うこともあります。こうした目的がある場合はデスクマットの透明度が影響します。

オレフィン系樹脂製品やアクリル系製品は透明度が高く、特にアクリル系製品はガラスのようにすっきりとして見えます。塩化ビニル系製品も書類を確認するだけの透明度はありますが、着色が容易な性質があります。下敷きに合わせて薄い緑色が加わっているものもあります。

再生オレフィン樹脂製品は逆に透明度が必要ない場合に選びます。表面がつや消しになっていて半透明なので、他の人に書類が見えにくい利点があります。

デスクマットの厚さで選ぶ方法

デスクマット本体の材質が同じでも厚みが違うと使用感も変わります。オレフィン系樹脂製品やアクリル系製品は1.5mm厚と2.0mm厚という2種類の厚みで決まっていますが、塩化ビニル系製品は厚さの種類が多くそろっています。

おしゃれなデスクマットを紹介

せっかくデスクマットを導入するなら、使いやすさはもちろんですがおしゃれであることも重要ですね。そこで機能性にもデザイン性にもすぐれたデスクマットをいくつかご紹介します。

本格レザー調デスクマット(Amateras)

デスクマットの人気ランキングで常に上位に入る商品です。

表面に特殊加工されたレザー調素材で作られていて、手触りに高級感があります。サイズが80cm×40cmと大きめなので、手元だけでなく少し手を伸ばした範囲全体をカバーすることができます。滑り止め加工が裏面に施されているためずれにくく、マウスパッドとしても使えます。

多機能デスクマット(Homehold)

表面の透明シートがめくれるようになっており、中に書類をはさんで美しく保存できます。メモやカレンダーをはさんでも見やすく、ペンホルダーも付いているので、デスク上をすっきりさせたい人向きです。コーナー部分のアクセントカラーのバリエーションは4色あるので、好きな色を選べます。

デスクマットを買うならカウネットで

オフィス家具や文房具全般を取り扱っている通販サイト「カウネット」では、さまざまな種類のデスクマットが約400商品あります。

設置した際の状態や色の違いなどを画像でしっかり確認できるので、商品選びが簡単です。モニターレポートで実際に使用した人の声も読むことができてわかりやすいと評判です。

デスクマットの購入を検討しているなら一度カウネットを見てみることをおすすめします。

着せ替えデスクマット(カウネット)

古くて汚れが目立つデスクも木目調に簡単リニューアルできるアイテムです。

木目調に変わるだけで、一気にデスクマットがおしゃれに変身します。木目シートのセットをデスクに敷くだけなので、気軽に利用できます。
「着せ替えデスクマット」の詳細を見る

まとめ

今回の記事のおさらいです。

【デスクマットの選び方のポイント】

デスクマットの材質は用途によって選ぶ
・オレフィン系樹脂:書類をマット下に挟んだまま確認しやすい
・再生オレフィン系樹脂:書き込み作業が多くても傷が付きにくい
・塩化ビニル系:カッターなどの傷の跡が付きにくい
・アクリル系:硬質で鉛筆などの書き込みがしやすい

デスクマットの選び方
・使用する筆記用具の種類によって適したデスクマットは異なる
・デスクマットの透明度によって書類の確認のしやすさが変わる
・デスクマットの厚さによって使用感が異なる

おしゃれなデスクマットの紹介
・デザイン性や機能性でおすすめのデスクマットがある

デスクマットの購入は比較検討しやすい「カウネット」がおすすめ
・約400種類のデスクマットを扱っているため商品が選びやすい
・モニターの声で使用感を確認できて便利

デスクマットは作業するデスク上で使うものだけに、購入する際は用途をふまえて材質やサイズをチェックしたいですね。またオフィスのインテリアにこだわるなら見映えのよさも気になるポイントでしょう。

毎日快適に、そしておしゃれ心をもって使えるようデザインにもこだわって選ぶことをおすすめします。

カウネットの商品をもっと見てみる

TOP