オフィスのお悩みレスQ

職場の机の上の整理術&便利な収納アイテム

オフィスの机の上がどうしても散らかってしまう
いつの間にか資料が散乱しているのを何とかしたい

デスクには仕事に関する物だけでなく、コーヒーカップなどの生活用品まであり、片付けようと思っても忙しいときほど散らかってしまいがち。

どの様にすれば、オフィスの机の上を綺麗に整理することができるでしょうか。

この記事ではオフィスの机の上の上手な整理方法や役立つグッズを紹介します。
デスクまわりの整理グッズ一覧

オフィスのデスクが散らかっていると困ること

いつもデスクが散らかっていると慣れてしまって気にならない人もいます。散らかっているマイナス面に気付けば、きっと片付ける意欲が湧くでしょう。

作業スペースが少なくなる

デスクの広さには限りがあるので、散らかっていると作業スペースが少なくなります。ノートや資料を押しのけ積み上げてスペースを作ると、更にデスクが乱雑になります。必要なメモや資料がまぎれ込んで後で探すハメになり、結局仕事の効率が悪くなってしまいます。

書類を紛失する恐れがある

オフィスの仕事は1つのプロジェクトだけでなく、いろいろな作業を並行して行います。デスクが散らかっていると資料やメモがまぎれ込んで、見つからなくなる恐れがあります。片付けようとしてゴミと一緒に捨ててしまうこともよくあります。大事な書類を紛失して初めて、デスクを整理しておけばよかったと後悔するのです。

オフィスのデスクの整理術

デスクを散らかしてしまう人は片付け方がヘタな人です。自己流で片付けても、すぐに散らかってしまいます。デスクの整理術を知っていれば効率よく片付けることができて、仕事がしやすいスペースを維持できるのです。

デスクを物置にしない

散らかっていないデスクでも、仕事の作業が始まると使った物や書類を置いてしまいます。終業のときに片付けないで置いたままにすると、それが習慣になって次々と置いたままにしてしまい、気づいたときは散らかっています。

終業時に片付けないのはデスクに置いたままにしておけば楽だからです。無意識にデスクを物置にしてしまっているのです。それを防ぐために、1日の仕事終わりには必ず片付けることです。

物を置く場所を決めておく

片付けるのが面倒なのは、物を置く場所を決めてないからです。資料はココ、メモはココ、筆記具は、コーヒーカップは、などデスクで使う物はすべて置き場所を決めておくのがコツです。

同じ場所に戻すクセをつければ、終業時に自然と手が動いて片付けるようになります。

ボックスファイルを活用

一番大切なのは仕事の資料です。防ぎたいのは他の文書に混ざったり、ゴミとして捨ててしまうことです。

そのためには1つのプロジェクトはまとめてしまいましょう。プロジェクトごとにボックスファイルを用意して、まとめて入れてしまえばよいのです。ただし、あまり細かく仕分けをしようとすると面倒になって、結果的に片付けなくなります。

終業時にはデスク上の資料をゴソッとまとめてボックスファイルに突っ込み、作業を始めるときはそのボックスファイルを取り出せばよいのです。整理術には大雑把なほうがよい場合もあるのです。

スペースを有効活用する

デスクの上のスペースは限られています。いくら整理をしても資料などが多すぎて物理的に物があふれてしまうことがあります。そのような場合に活用したいのが、デスクのサイドスペースです。マグネット式で簡単に取り付けられるスチールポケットなどを利用すると、筆記具やメモ類など小さな物を収納できます。

デスクの上も有効活用できます。平面に置けなくなると積み重ねて上へ上へと積み上がっていきますが、二段や三段になっている収納ボックスを置くときれいに整理ができます。作業ごとにボックスに放り込んでおけますし、仕切り板を使えば分類しながら整理できます。

書類の整理術

散らかったデスクで最も大切なのは仕事上の書類です。極端なことを言えば、いくらデスクが散らかっていても書類だけきちんと整理されていれば、最悪の事態は防ぐことができるのです。

書類の整理で大事なのは3段階で分けることです。進行中の書類・終了した書類・万一のための書類の3つの段階に分けます。これだけで必要な書類を探しやすくなります。万一のための書類は、あとから必要になったときのために保存しておきます。

1年間必要なかった書類は廃棄処分にします。念のために別に保存箱を作って、その中に放り込んでおけば安心です。

デスク周りの収納術

デスクがいつもきれいに片付いている人を見ると、デスク周りを上手に活用しているのに気づきます。すでに説明したデスクのサイドスペースもそうですし、引き出しも上手に活用できます。デスクの下の椅子を収納する部分も、工夫すれば整理に利用できます。

引き出しはルールを決めて収納する

引き出しには普段はあまり使わない筆記具やオフィスグッズを入れておきます。重要で見られたくないメモなども引き出しに入れたほうが安全です。

引き出しはそれぞれに収納する物を決めておくべきです。何でもかんでも入れてしまうと、探すときに引き出し全体を引っ張り出してかき回すことになります。特にデスク上を大雑把に整理した場合、引き出しは細かくルールを決めて整理をするのがポイントです。

デスク周りの収納に役立つグッズ

便利で使いやすい収納グッズをまとめました。

マグネットポケット

デスクサイドに簡単に取り付けられて、筆記具やハサミなどの小物をまとめて収納できます。

小分けトレー

引き出しの中に置いて、鉛筆、消しゴム、輪ゴム、付箋紙など小物を簡単に分類整理できます。

ドリンクホルダー

デスクの端に差し込むホルダーで、作業スペースにドリンクを置かずにすむので、とても便利なグッズです。

デスク下に置く簡易ボックス

椅子に腰掛けたときに足が触れない程度の大きさの簡易ボックスです。あまり利用しない資料や、女性などは履き替えた靴などを収容できます。

これらはほんの一例ですが、百円ショップへ行くといろいろなグッズが置いてあります。自分なりに工夫すると、整理や収納に役立ちます。

整理と収納に役立つグッズの買い方

デスクの上を整理するグッズは、まだまだたくさんの種類があります。お店に行くのは時間がかかりますし、限られたグッズしか置いていない場合もあります。そのようなときに便利なのがネットの通販サイトです。

文房具のコクヨでは「カウネット」という通販サイトがあります。たくさんのグッズを見ながら選ぶことができます。その場で注文できるのでとても便利です。

オフィス通販「カウネット」とは

「カウネット」とは
カウネットはオフィス家具・文房具販売最大手「コクヨ」のグループ会社です。
自社オリジナル文具を低価格かつ高品質で提供しているのがカウネットの一番の強みになります。

「品揃えの多さ」と「価格の安さ」だけでなく、カウネットだけにしか作れない独自価値が商品に詰め込まれています。

「仕事がはかどる?」机周りの整理に役立つグッズ

カウネットなら机まわりをすっきりさせられる便利な商品をたくさん取り扱っています。

  • 作業スペースを増やしたい
  • 書類を机の上で管理したい
  • 事務用品を整理したい
  • 収納スペースを増やしたい

と思っている方はぜひカウネットの商品をご覧ください。
デスクまわりの整理グッズ一覧

まとめ

朝、出勤したときにデスクが整理されているとやる気が出るものです。散らかっていると疲労感を覚えます。

何事も完璧にやろうとすると挫折しますので、はじめは大雑把な感覚で整理をします。ただし仕事上の書類だけは3段階に分けて整理をして、習慣づけるようにしましょう。これだけでも仕事の能率は上がります。
カウネット商品詳細

 
 
この記事が参考になった方はこちらの記事もおすすめです。
>>オフィスデスクの整理グッズ10選と整理整頓術
>>引き出しの整理手順と整理整頓に役立つグッズ
>>クリアファイルの整理術|家庭や仕事で役立つ便利グッズで書類整頓!
>>ロッカーの整理をしたい!中身を綺麗にする方法と便利グッズを紹介
>>書類をスッキリ収納する方法と書類整理の便利グッズ紹介

さらにこちらの内容もおすすめです。
>>鞄の整理整頓術とおすすめアイテムをご紹介
>>ファイルボックスの種類と上手な収納方法
>>オフィスの環境を左右するポイントと改善することで期待できる結果
>>女性向けのオフィスの便利グッズ紹介
>>【男性用オフィスの便利グッズ特集】プレゼントにすべらないのはこの商品

TOP