オフィスのお悩みレスQ

【小規模事務所】オフィスレイアウト事例5種類

「小規模の事務所ってどんなレイアウトがあるんだろう?」

「今度のオフィスのレイアウトって何を気を付ければいいの?」

オフィス開設や移転、オフィス作りの際などに、このような悩みを抱えていませんか?

小規模なオフィスだからこそ、レイアウトにはこだわりたいですよね。

この記事では、小規模な事務所でできるオフィスレイアウトとレイアウトの際に見るべきポイントについて紹介します

小規模事務所のオフィスレイアウト5選

オフィスのレイアウトには業務や業態によってそれぞれ適した形式があります。場合によっては向いていないレイアウトもあるので、どんなレイアウトが自分のオフィスに合うかの参考にしてみてください。

1.対向式レイアウト

適している職業
営業職、事務職

メリット

  • スペースを有効に使える。
  • コミュニケーションが取りやすい。
  • グループ活動に適している。
  • 管理者の目が届きやすい。

デメリット

  • 対面者や周囲の視線が気になる。
  • 思考する作業には適さない。

対向式とは、机を向かい合わせにして並べるオーソドックスなレイアウトです。その形から「島形」とも呼ばれます。対向式のメリットは1カ所にまとまった人員の机を配置できるので、通路と椅子のスペースを共有できることです。

ワーカー同士のコミュニケーションを図りやすい基本的なレイアウトで、営業や事務を行うオフィスに適しています。集中をそがれる場合には、ローパーティションを活用するとよいです。

2.スクール式レイアウト

適している職業
銀行、金融、テレフォンオペレーター

メリット

  • 思考作業に向いている。

デメリット

  • スペースが必要。
  • 個別の電話が必要。

スクール式とは、その名の通り学校の教室のように机を配置するレイアウトです。コールセンターや銀行などの接客業でよく利用されています。

向かい合う人がいないため、集中して業務に臨むことができます。比較的広めのスペースが必要になるので、小規模オフィスには向かないかもしれません。

3.フリーアドレス式レイアウト

適している職業
営業職

メリット

  • スペース効率がよい。
  • コミュニケーションがとりやすい。

デメリット

  • 管理者の配置が難しい。
  • 個人専用の収納が必要。

フリーアドレス式は、社員がその日の気分や早いもの順など好きな席に座ることができるレイアウトです。机は対向式レイアウトを採用していることが多いです。

休みの人や終日外出している人が多くなる場合に、省スペース化が図れるのが大きなメリットです。営業職や在宅業務が可能なオフィス向きでしょう。

4.ブース型レイアウト

適している職業
プログラマー、クリエイター

メリット

  • 作業に集中できる。

デメリット

  • 管理者の配置が難しい。
  • コミュニケーションがとりづらい。

ブース型は、個人の作業スペースをパーティションなどで区切り、個室のように配置するレイアウトです。コミュニケーションよりも、個人の作業を優先するレイアウトです。

周りを気にせず業務を遂行できるため、クリエイティブな業務や設計などを行うオフィス向きです。

5.背面対向式レイアウト

適している職業
企画職、開発職

メリット

  • 作業に集中できる。

デメリット

  • 管理者の配置が難しい。
  • パーテーションが必要。高コスト。

背面対向式とは、チームごとのブースで、チームのメンバーが背中合わせに座るレイアウトです。視界に他人が入ってこない為、集中して作業を行えますし、後ろを振り向くだけでコミュニケーションを取ることができます。

ただし、管理者がグループ全体を常に見る事は難しいレイアウトなので、配置が難しいことがデメリットとしては挙げられます。

企画や開発業務を行うオフィスに適しています。

小規模事務所のレイアウトに必要な面積

  • 1人あたり3.8坪(12.67㎡)
  • オフィスの面積÷3.8坪(12.67㎡)=オフィスの適正人数

オフィスの環境を決めるといってよいほど重要なのがオフィスの面積です。限られたスペースを有効的に使うために、1人当たりに必要な面積、会議室などのスペース、動線の確保に分けて、どの程度の面積が必要になるかを計算しましょう。

1人当たりに必要とされる面積

1人当たりに必要とされる面積は、3坪(約10m²)といわれています。企業によってさまざまですが、柱の少ないビルや正方形に近いレイアウト効率の高いオフィスが増えていることもあってオフィス面積は減っています。

プライベートや機密保持が必要な業務形態の企業ほど、面積が広く取られる傾向があります。大規模な企業ほど、共有スペースに占める人員も増えるため、1人当たりの面積は減る傾向にあります。

2016年に発表されたある数値では東京のオフィスでは平均で3.8坪(12.67㎡)とされています。

参照:『1人あたりオフィス面積調査(2016年)』ザイマックス不動産総合研究所

全体的に必要とされる面積

全体に必要な面積はどのくらいと見積もるのが妥当でしょうか。ざっくりと計算すると3.8坪を人数分掛けた面積とするのが妥当といえます。従業員4人であれば、15.2坪(50.68㎡)は必要でしょう。

ただし、業務内容によって変える必要があります。外回りの営業マンが多いオフィスでは、フリーアドレス式のレイアウトにして1人当たりのワークスペース面積を2.5坪で見積もってみましょう。

4人の従業員では、10坪(33.33㎡)となります。そこに休憩室や会議室、必要なら社長室などの面積を足します。来客が多いオフィスでは、来客者との懇談スペースも必要になります。休憩室1坪、会議室2坪、ミーティングルーム1坪、社長室3坪と見積もりすれば、4人の従業員で17坪となります。

動線の確保

ワークスペースやミーティングルームなどのスペースを確保した後は、動線の確保も必要です。人が通るスペースとして700mmの隙間が標準です。1人が楽に通るには、壁との間を1500mmの通路幅は欲しいところです。

椅子をどかしながらでないと通れないと、業務に支障が出ます。1人が楽に通れるような動線の確保は必要です。

小規模な事務所のレイアウトでのスペースの考え方

オフィスのレイアウトを決める上で、必ず考えるべき様々なスペース。限られたスペースの中で、各スペースの考え方をこちらでご説明します。

1.打ち合わせスペース

  • 設置の有無をまず決める。
  • 契約事項や採用面接やプライバシーなど、デリケートな情報を扱う際に必要なスペース。

スペースが限られている小規模のオフィスにおいて、打合せスペースを創るかどうかは早い段階で検討が必要です。

来客の応接の際や、社内でのミーティング、あるいは採用面接等、会社では機密性の高い情報を扱うことも十分に考えられる為、当然用意としてあった方が良いと言えます。

ただし、社員が座るデスクのスペースや座席数が減る事はもちろん、無理にレイアウトする事で、小さな応接スペースになってしまい、狭いところに来客を押し込む事になってしまったり、小規模なゆえに会話が筒抜けにならないかも注意が必要です。

業務の性質、社員収容人数、オフィスの面積等、バランスを取って検討するようにしましょう。

近くに行きやすく、話のしやすいカフェがあるかどうかや、昨今増えているオフィスフロアに共同のフリースペースがあるかどうか等、事前に調べておくと、判断基準の一つになるでしょう。

2.収納スペース

  • 意外に書類や資料がスペースを取る。
  • 定期的な書類の分類、整理、ファイリング、廃棄、スキャンがおススメ。

オフィスでの仕事では、書類や資料が溜まっていく事は避けられません。

意外にスペースを使いますし、デスクの周囲などで、無造作に書類が積み重なっていると、セキュリティーの面でも見栄えの面でも良くありません。定期的に書類を整理する時間を設けることで、ファイリングが維持できます。書類をスキャンすることでデジタルで管理することもおすすめです。

3.トイレ

  • 男女共用の場合は注意が必要。
  • 法律で、『男性用と女性用に区別すること』と決められている。

小規模なオフィスには、男女共有で使用するトイレが1つしかないケースもあります。ただし、女性の中には男女共用であることを苦痛に感じる方もいます。

実は、トイレに関して、事務所衛生基準規則という法律で、「男性用と女性用に区別すること。」と明確に記されているのをご存知でしょうか。

職場のトイレの問題は、場合によっては業務にも支障の出る問題。物理的に女性トイレの設置が難しいオフィスもあるかもしれませんが、女性への配慮でも、法律の観点でも注意が必要と覚えておきましょう。

小規模の事務所をレイアウトする時の4つのポイント

前述ではオフィスのレイアウトを決める上での様々なスペースをご紹介しましたが、本項目ではオフィスの中での確認した方が良いポイントをこちらでご説明します。

1.コンセント

オフィスで、パソコン等の電子機器を使用しない業種はほとんどないでしょう。

パソコン、ライト、充電器、テレビ、音楽プレイヤー等、コンセントを必要とするものは案外多いもの。コンセントの数は、生産性を左右する為、オフィス構築の上で絶対に考慮しなければいけないポイントです。

2.明かり

  • 明かり、照明を工夫する事で、部屋を広く見せる事ができる。
  • 光を反射する面を増やす為に、明かりを反射しやすい薄い色の什器を選ぶ。
  • 壁付近を明るくすると広く感じる。
  • 間接照明も、奥行きを感じさせるのでおすすめ。

オフィスの明かりで、空間を広くも狭くも感じさせる事ができます。

ポイントは明かりが当たる面を増やす事。オフィスのものは、なるべく暗い色のものよりも、明るい色の什器を選ぶと、照明の光をうまく反射してくれます。壁付近を明るくすることで、スペースを広く見せる効果があるので、より効果的です。

間接照明もおすすめです。そもそも、間接照明とは、壁や天井などの建築物に当てた光の反射光で室内を照らす照明のこと。複数の間接照明を使用することで立体感を作ると、視線が広がり、奥行きを感じさせることができます。間接照明の放つ反射光は直接照明の光と違ってやわらかいため、リラックスできる空間を作るのに最適とされます。

オフィスにおける照明計画は、オフィス環境の快適性を大きく左右します。最近では省エネと耐久性から、LED照明も選ばれるケースが増えています。

3.香り

香りで社内環境を改善するオフィスが注目を浴びています。居心地の良い環境で仕事をすることで、やる気や能率があがります。

人間の嗅覚は最も強い感覚の1つと言われており、脳の活動にいい影響も、悪い影響も与えることができるます。集中力を上げる。心を落ち着ける。等、目的に合わせてオフィスの香りを工夫してみましょう。

小規模のオフィスで使いやすい、USBを使用したアロマディフューザーや、オーナメント型のディフューザーを利用すると良いでしょう。

シチュエーション別のアロマ
シャープな香りで頭をしゃきっとさせたいとき
・ペパーミント ・ユーカリ

リラックスしたいとき
・ラベンダー ・サンダルウッド

集中したいとき
・レモン ・グレープフルーツ

元気を出したいとき
・イランイラン・レモングラス

また、嗅覚は他の五感と違い、脳にダイレクトに働きかけるので、記憶に残りやすいと言われています。

オフィスの入り口、受付スペースがある場合、香りで演出する事で、企業のイメージとして定着する場所となりますので、有意義に利用してみましょう。

4.家具

小規模オフィスでは家具を工夫する事によって、広く感じさせるテクニックがあります。

まず、家具の色は淡く薄いものを意識しましょう。濃い色のものは、光を吸収する為、必要以上に締まって見えてしまいます。天井、壁も同様、濃い色にすると圧迫感を感じることになります。

また、背の低い家具やカーテンを利用して天井を高く見せる事も効果的です。天井までの空間が大きくなる為、部屋を広く感じさせるのです。

縦のラインを意識させる為に、カーテンを高い位置から吊るすことも効果的なようです。

小規模オフィスでは面積が限られ、沢山の家具を置くことができない為、ひとつひとつの家具選びは、慎重に検討しましょう。

オフィスのレイアウトを提案してくれる!カウネットの「リビングルームオフィス」

「毎日来たくなるオフィス」

を実現するカウネットの「リビングルームオフィス」というサービスについて紹介します。

「カウネット」とは
カウネットはオフィス家具・文房具販売最大手「コクヨ」のグループ会社です。

自社オリジナル文具を低価格かつ高品質で提供しているのがカウネットの一番の強みになります。

「品揃えの多さ」と「価格の安さ」だけでなく、カウネットだけにしか作れない独自価値が商品に詰め込まれています。

カウネットの「リビングルームオフィス」では、自由にリラックスできるオフィスレイアウトやデザインの提案をしてもらえます。

  • リフレッシュスペース
  • ミーティングスペース
  • ワーキングスペース

すべてにおいて理想なレイアウトの提案をもらえます。

オフィスの状況に合わせたコーディネートがたくさんあるので、ぜひ公式サイトで詳細をご覧ください。
「リビングルームオフィス」の詳細を見る

【まとめ】小規模事務所のオフィスレイアウトの種類とポイント

小規模オフィスのレイアウトは主に5種類

  • 対向式レイアウト
  • スクール式レイアウト
  • フリーアドレス式レイアウト
  • ブース型レイアウト
  • 背面対向式レイアウト

業種、業務内容によって設定しましょう。

その他、小規模オフィスをレイアウトするポイントとして、

  • オフィスの面積は一人当たり3.8坪(12.67㎡)が目安。
  • 打合せスペースは来客用、機密性でも、あった方がよい。
  • トイレの男女共用は、法的にNG。
  • 照明、家具でオフィスを広く見せましょう。

を紹介しました。

オフィスレイアウトやデザインは小規模でも、こだわりを持ち、業務に適したオフィススペースを構築するのがベストです。

小規模だからこそ、デザインを凝ることも可能です。来客が多いオフィスでは、働く人よりも来客者に焦点を当てた事務所もよいですね。

来客者は少なく、デスクワークをする人が多い事務所では、効率アップが図れるようなデザインやレイアウトにします。小規模だからこそ、大胆に変更できるのも大きな強みでしょう。

文中でも紹介しましたが、カウネットオリジナルのオフィス家具、オフィス用品を他にも見てみたい方はこちらを参考にしてみてください。
カウネット公式サイト

 
 

この記事が参考になった方はこちらの記事もおすすめです。
>>『オフィスレイアウトでの机の基本配置と場所別の配置の仕方を解説!』
>>『オフィス移転のスケジュールをしっかり作るために知っておくべきこと』
>>『オフィスの環境を左右するポイントと改善することで期待できる結果』
>>『オフィスにリフレッシュスペースを導入する効果と配置場所の選び方』
>>オフィス移転時のチェックリストを徹底解説!【解約〜取引先の対応】

さらにこちらの内容もおすすめです。
>>『起業準備をする人に絶対知っておいてほしい会社設立に必要なこと』
>>『国内外のおしゃれなオフィス事例とインテリアグッズのご紹介』
>>『フリーアドレスをオフィスに導入するメリットとデメリットを徹底解説』
>>『社内コミュニケーション活性化のための4つの方法と企業事例』
>>生産性のアップにもつながるオフィスのカフェスペースでコミュニケーション
>>オフィスチェアの選び方【基本】とおすすめの商品を紹介

TOP