オフィスのお悩みレスQ

従業員満足度を向上させた事例と満足した職場環境を作る5つの方法

会社を経営するうえで、意外と見落とされがちなのが従業員の満足度です。顧客の満足度を重視するのは企業としては当然のことですが、実は従業員の満足度と会社の業績とは、密接な関係があるといわれています。

今回は職場の環境を改善し、従業員の満足度を高める方法や事例を紹介したいと思います。

従業員の満足度はどれだけ会社・仕事に満足しているかの指標

従業員の満足度というのは、ES(Employee Satisfaction)と呼ばれています。給与などの面の待遇だけではなく、福利厚生やマネジメント、職場環境、そして仕事に対してのモチベーションなどについて、従業員がどれだけ満足しているかについての指標のことをいいます。

多くの企業は、これらの満足度を向上させることで、従業員個人だけではなく、会社という組織全体を向上させることができ、業績アップへとつなげることができるといわれているのです。

日本国内においては、顧客満足度が優先されがちになっていますが、従業員の満足度を向上させることで、結果として顧客満足度につながっていくことが多いといわれています。

そのため、企業をさらに発展させていくためには、従業員満足度の向上は必要不可欠であるといえるでしょう。

従業員の満足度と会社の業績にはある程度の関係性がある

従業員の満足度は、次の3つに大きな影響を与えます。

  • 労働生産性
  • CS(カスタマー・サービス)/ 顧客満足度
  • 人的資源

まず、従業員満足度が低いと、会社の業務に対して消極的な仕事をされてしまいます。しかし、満足度が高いと指示をせずとも積極的に仕事をしてもらうことができ、労働生産性を向上させることができます。

また、従業員満足度を無視して顧客満足度(CS)を優先させると、一時的には顧客満足度が向上しても、徐々にその効果は減少していくことでしょう。従業員満足度を高めれば、会社のために顧客に尽くすようになるため、CSも共に向上していく傾向があります。

そして、従業員満足度が低いと、会社に対して不満を持つ従業員が増えてしまい、退職者の増加につながります。それにより人手不足になり、さらに不満を持つ人が増えてしまうという連鎖が引き起こされる恐れがあります。

満足度が高いと、やめたいと思う従業員が減るため、このような事態を避けることができるでしょう。

従業員満足度を向上させる5つの方法

従業員満足度は、ESサーベイと呼ばれるアンケート調査やインタビューを行い、満足している点や不満な点を調査していく必要があります。その結果を基に、従業員満足度を向上させるための施策を講じる必要があります。

主な施策例について見ていきましょう。

【方法①】コミュニケーション・ギャップを埋める

会社や管理職、そして従業員というのは、それぞれ視点が異なるがゆえに、意思疎通できたと思っても思い違いが生じるコミュニケーション・ギャップが起こりやすいものです。

日頃から従業員とコミュニケーションを密にすることで、会社や上司と従業員の環境や意識に対するギャップをなくすことができます。

【方法②】アンサング・ヒーローに光を当てる

表彰制度などは、目立った従業員にスポットが当たりやすいものですが、「縁の下の力持ち(アンサングヒーロー)」と呼ばれるような目立たないけれども重要な役割を有するサポート従業員を評価する制度を検討します。

【方法③】プライベートを充実させる取り組み

近隣に住むための住宅補助などを出すことで、会社の近くに住んでもらい、通勤の時間を減らして、従業員のプライベートの時間を確保できるようにします。

【方法④】教育研修制度の充実

エンジニア制度などの外部研修の補助や技術書・機器の購入補助などを行い、積極的な知識吸収の機会を設けます。

【方法⑤】福利厚生制度の充実

社員食堂の整備や、マッサージスペース&昼寝スペースの設置、キッズルームの設置などの従業員のモチベーションをアップさせる福利厚生をとり入れます。

従業員の満足度向上の3つの事例

それでは、実際に従業員満足度を向上させることに成功した企業の事例を見ていきましょう。

【事例①】株式会社カウネット

社内のリフレッシュルームをリフォームしました。それによって、職場環境を改善させるだけではなく、自社製品や他社製品を知ることで、新たなアイディアを生み出すきっかけとなりました。

【事例②】株式会社ラクーン

従業員の通勤時間を削減するために、会社から3km以内の場所に住むと月額2万円の手当を支給する「近距離通勤支援制度」を導入しました。これによって、従業員が会社の近くに住みたくなるようにしています。

さらに、近距離と長距離の交通費格差を解消する狙いや、従業員のワークライフバランスの改善を狙うことができます。

【事例③】ジヤトコ株式会社

不要な会議をスリム化するために、参加人数と会議時間で「会議面積」を設定し、この面積を低くするように試みました。会議時間を減らすことで、従業員1人当たりの労働生産性を向上させることに成功しています。

このように、各社趣向を凝らした制度を導入することで、従業員の満足度を向上させ、生産性向上に成功させています。これらを参考にして、自社の従業員満足度の貢献方法について検討してみましょう。

参考:「従業員満足度とは?明日から実践できる5つの考え方と企業事例を解説」BOWGL

まとめ

最後に全体のおさらいをしましょう。

  • ES(従業員満足度)の向上は企業の発展に必要不可欠
  • ESは、労働生産性・CS・人的資源に影響を与える
  • ESは、コミュニケーションギャップの解消や、アンサング・ヒーローの表彰・教育研修制度、福利厚生などによって向上が期待できる

これまで多くの企業では、CS(顧客満足度)を重要視していましたが、ES(従業員満足度)が向上することは、最終的にはCSや労働生産性、人的資源によい影響を与えることが認識されてきています。

他社の導入事例などを参考にして、自社のES向上施策を検討してみてはいかがでしょうか?

TOP