オフィスのお悩みレスQ

おすすめの台車を用途&タイプ別に解説

会議の資料や業務に必要なものの運搬に何かと役立つ台車ですが、一言で台車といってもさまざまなタイプのものがあります。用途や保管方法、使用するシーンによって適した台車のタイプは異なってきます。

今回は、台車の主な用途を解説したうえで、折りたたみできる台車や静音性の高い台車、低価格な台車など、様々な台車のタイプをご紹介します。

台車の主な用途

重いものを運ぶ場合

例えば、仕事をする中で、たくさんのコピー用紙を運ぶとします。1つだけでも重いコピー用紙を一度にたくさん運ぼうと思ったら大変ですよね。このように、比較的重いものを運ぶときには、台車の中でも「平台車」というタイプの台車を使うのが適しています。

軽いものを運ぶ場合

仕事中には、少量の資料やこまごまとしたオフィス用品などを一度にまとめて運びたいというときがあるかもしれません。そのように、比較的軽いものを運ぶ場合には、台車の中でも「ハンドル付きの手押しタイプ」というタイプの台車を使うのが適しています。

会議の資料などを運搬する場合

会議の資料などを運搬する場合、できるだけ音を立てない「静音タイプ」の台車を使うのが適しています。

タイプ別のおすすめ台車

折りたたみできる台車

「折りたたみできる台車」は、その名の通り、折りたたみできることに最大の特徴があります。折りたたむことができると保管に便利です。また、荷物がある場所まで持ち運びたいときにもとても便利ですね。

軽い台車(プラスチックの台車)

「軽い台車(プラスチックの台車)」も折りたたみ同様、保管に便利です。また、軽いので女性でも扱いやすい台車といえるでしょう。

静音性能の高い台車

「静音性能の高い台車」は、荷物を運びたいのだけれど、静かにしないといけないという場所で活躍する台車です。例えば、会議中の会議室や、集中して社員が仕事に取り組んでいるオフィス内などが、この台車を使う場所として想定されるでしょう。

価格が安い台車

「価格が安い台車」は、「荷物を運ぶ台車は欲しいけれど、コスト削減も実施していかないといけない」というときに選択するものとして適しています。ただ、価格が安い分機能面で劣る場合があるかもしれませんので、その点は事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

おすすめの台車ブランド

花岡車輌のダンディシリーズ

台車の老舗メーカーとして、まず挙げたいのが「花岡車輌」です。日本で初めてとなる量産型の台車ブランド「ダンディシリーズ」を取り扱っているメーカーです。その他にも、リフト台車やレベラー台車といった商品も取り扱っています。台車のほかには空港にあるカートなども花岡車輌の商品です。

数多くある花岡車輌の商品の中でも、高い人気を誇っているのが、耐久性に優れたダンディシリーズの台車です。ユニバーサルデザインハンドルを採用している台車があったり、台車の形状が豊富にそろっていたりすることが特徴です。ダンディシリーズの製品は、日本の自社工場で生産しているので品質にも定評があります。

具体的な製品の種類を以下に挙げます。これを見ていただくと、いかに商品の品ぞろえが多いかわかっていただけるのではないでしょうか。

  • スチール製台車
  • プラスチック製台車
  • ステンレス製台車
  • 脱塩ビのエコ環境対応台車
  • スチール製のプレミアムダンディ
  • ブレーキ台車
  • 電動台車
  • カゴ台車
  • コンテナピッキング台車
  • フラットカート

石川製作所のブランド・アイケー

次にご紹介するのは、台車ブランド「アイケー」を取り扱っている石川製作所です。石川製作所の台車は、細かい機能付きのものが多くそろっています。使うときに使用者の負担が軽減するように作られている台車です。

例えば、始動時アシスト付き電動台車をはじめ、ピン式フットブレーキ付き台車やコンパクトフットブレーキ付き台車などを取り扱っています。以下に台車のシリーズ一覧をまとめました。

  • HBシリーズ
  • 500HBS4シリーズ
  • ARキャスターHBシリーズ
  • 多機能樹脂台車
  • ミニ樹脂シリーズ
  • 連結台車シリーズ
  • 樹脂100シリーズ
  • 樹脂300シリーズ
  • 100/200/300/400/500の各シリーズ
  • ステンレスシリーズ
  • メッシュシリーズ
  • 二輪車シリーズ
  • 特注/受注生産品シリーズ

株式会社ナンシンの台車

ナンシンは、台車をはじめ、キャスターや保管容器などさまざまな種類の製品を扱っている会社です。シンプルなデザインながらも使い勝手のよさが好評の台車を数多くそろえています。以下に具体的な製品名を取り上げます。

  • DSK 300kgタイプシリーズ
  • DSKRESCUE CARRY SONAEシリーズ
  • DSK 150kgタイプシリーズ
  • DSKエアータイヤ250kgタイプシリーズ
  • LSKサイレントマスター / 標準キャスターシリーズ
  • CCサイレントマスター / 標準キャスターシリーズ
  • DXシリーズ
  • NTシリーズ
  • NTRシリーズ

カウネットの台車

「カウネット」とは
カウネットはオフィス家具・文房具販売最大手「コクヨ」のグループ会社です。自社オリジナル文具を低価格かつ高品質で提供しているのがカウネットの一番の強みになります。

「品揃えの多さ」と「価格の安さ」だけでなく、カウネットだけにしか作れない独自価値が商品に詰め込まれています。

台車だと「段差が乗り越えやすいスチール台車」があります。(以下2タイプ)

  • 狭い場所でも小回りが効いて移動しやすい「4輪自在タイプ」
  • 広いオフィスや直線が多い場所で操作しやすい「後輪固定タイプ」

ちょっとした段差につまずかず、大荷物でもスムーズに移動できるのがこの商品の強みです。

まとめ

台車にはさまざまな種類、ブランドがあることをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。この記事でお伝えしたきたポイントは以下の通りです。

  • 台車は用途に応じて選ぶ
  • 台車は予算内で機能が充実しているものを選ぶ
  • 台車は実際に使うときだけでなく、収納するときのことも考えて選ぶ
  • 多くの人の支持を得ているブランドの台車には、支持されるだけの理由があるはず。ブランドごとに台車を見てみるのも1つの方法

このように、台車を選ぶ方法にはさまざまな観点があります。求めている台車はどういったものなのかを具体的に吟味して、さまざまな種類の中から最適な台車を選ぶようにしましょう。

TOP