オフィスのお悩みレスQ

会社をイメージアップする!効果的なオフィスカラーの選び方

会社にとっても働くスタッフにとってもオフィスカラーはとても重要です。会社にとってはイメージアップにつながりますし、スタッフにとっては仕事のモチベーションにつながります。

この記事では、会社のイメージアップに効果的なオフィスカラーの選び方や照明の取り入れ方、エントランスのデザインなどをご紹介します。

オフィスカラーで会社のイメージをアップする

会社のイメージアップにつながるオフィスカラーについてご紹介しましょう。

オフィスカラーの効果

一般的に日本のオフィスは、落ち着いたトーンのカラーの内装とオフィス家具が多く、あまり赤や青をイメージする人はいないかもしれません。リフォームするときに思い切ってオフィスカラーを変えると思わぬ効果が現れることがあります。

なぜなら、色には人間の心理に影響を与える大きな力があるからです。オフィスカラーを変えるというだけで、スタッフのやる気を引き出したり、仕事のモチベーションを上げることができます。

会社のコーポレートカラーにする

コーポレートカラーというのは、会社を象徴する色のことです。オフィスカラーの選び方によっては、それが会社を象徴する色になる場合があります。オフィスカラーが会社のブランドになるような選び方をしましょう。

コーポレートカラーは会社のロゴや封筒などにも使われますが、一般の人が色を見るだけで会社名を連想するようになれば大成功です。

人気のあるオフィスカラー

ファッション業界には流行のカラーがあります。オフィスカラーに流行はありませんが、人気のある色があります。

それはパステル調の淡い色です。オフィスが原色だと強烈すぎて気が散ります。赤なら赤系のパステルカラー、青なら青系のパステルカラーのような選び方をするとうまくいきます。

具体的な色とその効果

最近はカラフルなオフィスが増えています。それだけ色に対する意識が変化してきているのです。具体的な色とその効果をご紹介しますので、オフィスカラーを選ぶときの参考にしてください。

赤の効果

赤には活力や情熱といったイメージがあります。スタッフのやる気を引き出すことができる色です。

オフィス全部を真っ赤にするわけにはいかないので、壁の一部に赤いラインを入れたりなどの工夫が必要です。壁の塗り替えが無理な場合は、赤いグッズや花や絵画などをワンポイントで置いてみるだけでも効果があります。

青の効果

青には安らぎのイメージがあります。落ち着きや冷静さを感じさせるオフィスにふさわしい色です。

例えば外回りで忙しい営業マンのオフィスには青を取り入れたオフィスカラーが適しています。疲れを癒やす効果があります。座面や背面が青色のチェアーにするだけでも効果はあります。事務服をブルー系にするという方法もあります。

黄色の効果

黄色は元気や快活さや笑いなど明るいイメージを与える色です。カフェやレストランなどで床や壁をイエロー調にしているお店が多いのは、お客さんに明るいイメージを持たせるためです。

黄色は濃淡によって使い勝手がよいので、オフィスカラーに好まれる傾向があります。応接室のソファを黄色にすると、来客との会話も弾みます。

緑の効果

緑にはやすらぎとくつろぎのイメージがあります。調和や自然を感じさせるので、長時間デスクワークをするオフィスに向いています。

よくあるのが観葉植物をオフィスに置くケースです。これは緑の効果を取り入れているのです。床や廊下に敷くカーペットや絨毯を緑色にすると、くつろぎの空間を演出できます。

茶色の効果

茶色系のオフィスカラーを使っている事例はかなり多いです。茶色には落ち着きと厳粛性、冷静さのイメージがあるので、集中力が必要な会議室などに使うと効果的です。

木目調も茶色の一種で、人気があります。どの色にするか迷ったときに選びやすいのが茶色です。

白の効果

白は一般的に使いやすい色です。清々しさや平和、従順な心をイメージさせます。どのような部屋にも違和感なく使えますが、大きな変化を求めたい場合には向いていません。オフィスルームより休憩室やラウンジなどに向いている色です。

照明による色の効果

意外と知られていないのが照明によるオフィスカラーの演出です。壁の色を変えたいとき、全面的にリフォームするのは時間と費用がかかります。照明は簡単に色を変えることができます。

しかも照明はソフトな光で変化をつけられるので、手軽にオフィスカラーを変えたいときに便利です。照明は簡単に交換できるので、定期的にオフィスカラーを変えることもできます。

エントランスで決まる会社のイメージ

エントランスは会社の顔です。オフィスカラーや照明で、訪問者の会社に対する印象が変わります。

訪問者に好印象を与えるカラー

訪問者にどのようなイメージを与えたいのかによって、カラーの選び方も変わります。明るく快活で元気な会社というイメージなら黄色系ですし、活力のあるエネルギーを感じさせるなら赤色系のオフィスカラーになります。

会社の業種によってもエントランスのカラーは決まってきます。ファッションやブランド系の業種ならカラフルな色合いが適していますし、機械などの製造販売業なら落ち着いた青系の色が候補になります。

デザインとグッズによる工夫

エントランスを効果的に見せるには照明が適しています。例えば受付周辺を黄色系の照明にして、ソファや椅子の置いてあるロビーは落ち着いた緑系の照明にするなど使い分けることができます。

エントランスに置くグッズも色によってイメージ作りができます。地味な色合いのエントランスでも、受付の後ろに赤や黄色のエントランスボードを置けば、明るく活気のあるイメージになります。

もしオフィスの家具やデザインにお困りならカウネットの「リビングルームオフィスの作り方」というサービスを検討してみてはいかがでしょうか?

理想のオフィスを実現するためにカウネットから新しいオフィスレイアウトを提案をしてもらえます。

「カウネット」とは
カウネットはオフィス家具・文房具販売最大手「コクヨ」のグループ会社です。

自社オリジナル文具を低価格かつ高品質で提供しているのがカウネットの一番の強みになります。

「品揃えの多さ」と「価格の安さ」だけでなく、カウネットだけにしか作れない独自価値が商品に詰め込まれています。
「リビングルームオフィス」の詳細を見る
ショールームに興味のある方はこちらをご覧になってください。
「家具ショールーム」の詳細を見る

まとめ

会社にとってなぜオフィスカラーが大切なのか、また具体的な色別の効果、エントランスのデザインやグッズなどについて説明しました。

【オフィスカラーの効果と具体例】

  • 会社のイメージアップにつなげることができる。
  • 会社のコーポレートカラーにすることができる。
  • オフィスカラーは色によってそれぞれの効果がある。
  • 照明によってもオフィスカラーの効果を出せる。

【エントランスの重要性】

  • 訪問者によい印象を与えるオフィスカラー。
  • グッズによって会社のイメージを上げる。

この記事を参考にして会社のイメージアップになるようなオフィスカラーを選び、訪問者に好印象を与えるエントランスにしてください。

TOP