オフィスのお悩みレスQ

デスクワークの時の姿勢が大事!良い姿勢に保つ方法を解説

「長時間デスクワークを続けていると何だか腰が痛くなってくる…」「椅子に座って仕事をしているだけで背中がだるくて辛い」と悩む人は少なくありません。

デスクワークを長く続けていると、姿勢がだんだんと崩れて猫背になるなど姿勢が悪くなり、腰痛、肩こりといった悪影響が出てくることがあります。実はこれらの原因は、姿勢やイスそのものにある可能性があります。

今回は、デスクワーク時の姿勢が身体に与える悪影響とデスクワークでよい姿勢を保つ方法をご紹介します。

デスクワークでよい姿勢をキープするのに便利なグッズの紹介や、おすすめのイスも合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてデスクワーク時の辛さを解消してください。

デスクワーク時の姿勢によって起こる5つの症状

デスクワークを長時間続けていると、よい姿勢を保てず、身体にゆがみが生じます。この状態を続けることによって起こる悪影響について説明します。姿勢の悪い状態が続くことによって引き起こされる主な症状は、以下の5つです。

  • 猫背
  • ぽっこりお腹
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 首がこる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

【症状①】猫背

デスクの前に座ったままで、パソコン作業等を続けていると、自然と背中が丸くなります。この状態が長く続くと、立った姿勢の状態でも、左右の肩甲骨が開いたままの猫背になってしまうのです。

猫背を放置すると、肩こりや胃の不調、椎間板ヘルニアなど、さらに重い症状を引き起こす原因となります。

【症状②】ぽっこりお腹

猫背の姿勢を続けているとお腹の皮がたるみ、下腹だけが出る状態になります。また、猫背を正すために、無意識に腰を反らす姿勢がくせになっている場合にも、ぽっこりお腹になってしまいます。腰に負担がかかって痛みの原因にもなり得ます。

【症状③】腰痛

長時間のデスクワークを続けていると腰痛が起こることは、体験的に知っている人も多いのではないでしょうか。ここまで見てきた猫背や、腰を反らす癖がついた反り腰などが腰に負担をかけて、腰痛の原因になります。

また、姿勢の悪さだけではなく、長時間同じ姿勢を続けて筋肉がこわばり、椎間板周辺を支える筋肉が弱ってしまうことで、腰痛を引き起こすこともあります。

【症状④】肩こり

肩こりの主な原因は、猫背、眼精疲労、巻き肩(肩が前方に出ている)といわれています。僧帽筋や肩甲挙筋が凝り固まったり疲れたりしても、肩が辛くなるでしょう。

やはり、姿勢の悪さが影響するため、姿勢を正していかないと、いくら肩をもんでも肩こりは治まりません。

【症状⑤】首がこる

パソコンをしていると、猫背に加えて、あごが前に突き出たような姿勢になる人が多くいます。この姿勢が長く続くと首周りの筋肉がこってきたり、湾曲しているはずの頚椎がまっすぐ伸びてしまう「ストレートネック」という症状になる可能性も。

ここまで紹介してきた症状を緩和するためにも、正しい姿勢を知る必要があります。

デスクワークで正しい姿勢をキープする4つの方法

肩こりや腰痛などの症状を予防・改善するには、正しい姿勢をキープすることが有効です。正しい姿勢を保つのに効果的なポイントを解説しますので、ぜひこれからのデスクワークに取り入れてください。

【方法①】背筋を伸ばす

まずは背筋を伸ばすことを意識しましょう。背筋がまっすぐ伸びているかどうかを意識するポイントは、「耳の穴・肩・太ももの付け根が一直線に並んでいるかどうか」です。時々心の中でセルフチェックしましょう。

【方法②】椅子に深く座る

浅めに座った状態で椅子によりかかってしまうと、背中が丸まり猫背の原因に。椅子に座るときは、前かがみでお尻を一番後ろまでグッと引いて座ると、背もたれに支えられて骨盤が立ち、よい姿勢を自然と保てます。

【方法③】足は組まない

足を組むと左右非対称の姿勢になり、そのまま身体のゆがみとなってしまいます。足の組みやすい方向が決まっているのは、それだけ身体が歪んでいる証拠です。足は極力組まないように意識してください。

【方法④】両足を床につける

椅子の高さを調整して、両足の裏側がちょうど床に接するぐらいの高さに調整します。高すぎたり低すぎたりすると姿勢が崩れてしまうので、ご注意を。

デスクワーク時の姿勢をサポート。オフィスチェアの4つの魅力

自分の姿勢をよくすること自体も大事ですが、長時間座っているオフィスチェアをリニューアルすることも姿勢をよくするのに効果的です。

ここではあまり知られていないオフィスチェアに搭載された、「姿勢をよくする機能」を紹介します。

1.ランバーサポート

エアランバーサポートとは、エアバッグが内蔵されたランバーサポートです。ポンプで内部の空気圧を調節することで、どんな体形でも腰や背骨にしっかりフィットします。

どんな体格にもフィットするのが、この機能のポイントですね。

2.座ウレタン形状

座面は、お尻ともも裏にフィットするような形状に設計されたモールドウレタンでできています。

また、クッションがへたりにくいので快適な座り心地が長持ちします。

3.ヘッドレスト付き

ヘッドレスト付きタイプのオフィスチェアなら頭を後ろに倒すことができます。

首にかかる負担が軽減されるので、結果的に身体への負担も軽減されます。

4.角度・奥行き調節

体格に合わせて座面の奥行きを調節できます。

自分の好みの角度や奥行きを自在に調節できるので、姿勢を良くするサポート機能として十分な役割を果たします。

椅子を買い替えることによる姿勢改善の効果

椅子は身長や足の長さなどによって、合う・合わないがあります。今使っている椅子が合うかどうかを確認して、合ってないようなら椅子を買い替えましょう。

自分に合った椅子に買い替えることにより、正しい姿勢を保ちやすくなり、猫背やぽっこりお腹、腰痛などの改善につながります。自分に合う椅子の選び方について見ていきましょう。

自分に合う椅子の選び方

自分の身体に合う椅子は、座面の高さが身長の4分の1、また机の天板と椅子の座面との間には、身長の6分の1のすき間が空いている椅子です。

机と椅子をセットで買う場合は、自分の高さに合わせて買いましょう。椅子を家具店で買うときは、可能なら何度か試しに座ってみることをおすすめします。

カウネットとおすすめの椅子紹介

オフィス用品で有名なコクヨが運営している「カウネット」は、オフィス用品やオフィス家具が購入できるネット通販サイトです。

オフィス家具も充実の品ぞろえで、オフィスチェアもリーズナブルなものから、姿勢を正しく導いてくれるものまでさまざまな種類がそろっています。

カウネットで販売しているおすすめの椅子をいくつか紹介しますので、椅子の買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

「エアグレースチェア」

カウネットのエアグレースチェアは

"空気"が腰を支える。ワンランク上の快適チェア

と言われているだけあって、数多くの姿勢をサポートする機能が搭載されています。

高級感のあるデザインなので、部屋やオフィスをおしゃれにしたい方にはおすすめできるオフィスチェアです。
「エアグレースチェア」の詳細を見る

《ベゼル可動肘樹脂脚黒フレームブラックNC》

姿勢サポートの機能が充実している高級版オフィスチェア。マネージャークラスの椅子として、または独立開業した自分用にいかがでしょうか。

「ベゼル可動肘樹脂脚黒フレームブラックNC」の詳細を見る

《インスパインHL可動肘黒フレームブラックNC》

腰の負担を減らし、ヘッドレストも付いている最高級版のオフィスチェアです。シンクロロッキングは太ももの負担も防いでくれます。もちろんアームレストは高さ調節可能です。

「インスパインHL可動肘黒フレームブラックNC」の詳細を見る

カウネットのオフィスチェアをもっと見てみる

まとめ

デスクワークに伴う姿勢の崩れによる悪影響と、その対策についてご紹介しました。デスクワークで正しい姿勢を保つためには、椅子が重要な役割を果たします。今使っている椅子が自分に合っているかどうかを確認して、必要なら新しく買い替えましょう。

文中でも紹介しましたが、カウネットオリジナルの便利グッズを他にも見てみたい方はこちらを参考にしてみてください。
カウネットの商品をもっと見てみる

TOP