オフィスのお悩みレスQ

  • 【花見の準備の全て】絶対に外さない持ち物一覧と段取りポイント

【花見の準備の全て】絶対に外さない持ち物一覧と段取りポイント

「花見の準備って何からしたらいいの?」
急に会社で花見の幹事をまかされても焦る必要はありません。

大切なことは、持ち物段取り楽しむために気を付けるポイントだけ。

絶対に外さない花見の準備のポイントをシーン毎にご紹介します。

とにかくどんな持ち物を準備したらいいの?
持ち物一覧

場所取りに必要なもの

  • レジャーシート
  • 布テープ、ガムテープ
  • ダンボール
  • マジック
準備しておくと便利なもの

  • トイレットペーパー
  • バスタオル
  • 救急箱
  • マスクや日傘、日焼け止めクリーム
  • ゲームやおもちゃ、ボール
  • 簡易チェア
  • ゴミ箱いらずのテープ付きゴミ袋
  • カメラ・スマホ
  • 簡易チェア
  • ゴミ箱いらずのテープ付きゴミ袋
  • カメラ・スマホ
  • 上着
  • 雨傘、折り畳み傘
  • 使い捨てカイロ
宴会時に必要なもの

  • お花見弁当
  • おつまみ
  • お菓子
  • 飲み物(アルコール、ソフトドリンク)
  • 暖かい飲み物
  • 紙コップ
  • 割りばし、紙皿
  • 簡易チェア
  • ウェットティッシュ
  • 爪楊枝
  • クーラーボックス
  • 保冷剤
BBQが可能な場合

  • バーベキューセット一式
  • 折り畳みテーブル、椅子
  • 包丁、まな板、はさみ
  • ライター、チャッカマン
  • アルミホイル、サランラップ
  • バーベキュー用の食材
  • 懐中電灯
  • 食器類
片付けの時に必要なもの

  • ゴミ袋
  • ビニール紐
  • 新聞紙
  • ティッシュペーパー

以上が今回の記事でご紹介するすべてのアイテムです。

一つ一つ、誰が持っていくか、どのぐらいの量が必要か、いつまでに用意するか、予算などチェックしていきましょう。

花見の準備 場所取り編

ここからは花見が始まってから片付けまで、シーン別にご説明します。

まずは事前準備、場所取りです。

幹事として忘れ物や調整不足は絶対に避けたいですよね。

場所取りに必要なもの

  • レジャーシート
  • 布テープ、ガムテープ
  • ダンボール
  • マジック

花見は公園や河川敷など土がある場所が多いですよね。服を汚さず、靴を脱いでリラックスするためには、レジャーシートは必須アイテムでしょう。レジャーシート代わりにブルーシートを使用する団体もあります。

レジャーシートの下に木の根っこや、石がある場合、段ボールを敷くと良いでしょう。土やアスファルトの上に直接レジャーシートを敷いていると、冷気が伝わってきて体温が下がるので、段ボールを敷物の下に敷いて冷気をシャットアウトする事で寒さ対策にもなります。これはかなり効果があるので準備しておくとよいでしょう。

マジックで段ボールに目印を書いて掲げておくと、遠くからでもわかりやすいですね。また場所取りにおいて、レジャーシートを複数枚使う際は、互いを貼り合わせておく布テープやガムテープなども必要です。

ただし、仕事もしながらの場所取りは難しいもの。そんなときは複数の担当者を決めて、自分が行けないときは別の人に代行してもらう、といったリスクヘッジも必要です。

持って行くと便利なもの

  • トイレットペーパー
  • バスタオル
  • 救急箱
  • マスクや日傘、日焼け止めクリーム
  • ゲームやおもちゃ、ボール
  • 簡易チェア
  • ゴミ箱いらずのテープ付きゴミ袋
  • カメラ・スマホ
  • 簡易チェア
  • ゴミ箱いらずのテープ付きゴミ袋
  • カメラ・スマホ
  • 上着
  • 雨傘、折り畳み傘
  • 使い捨てカイロ

先に挙げた必須アイテム以外に、「これがあると便利」といったアイテムも事前に情報としてつかんでおくと準備がスムーズです。

花見の場所として多い公園や河川敷などは、もともとトイレの数が多くありません。また管理が行き届いていないことも珍しくないので、トイレットペーパーが切れていることがよくあります。そのときのためにトイレットペーパーを1~2巻持っていくと、いざというときも困りません。

また、参加者の中で飲みすぎて気分が悪くなったり、酔ってふらついてケガをするといった場合もあります。介抱用としてバスタオルや救急箱もあると便利ですね。

また日中に花見をするなら、日焼けが気になるもの。マスクや日傘、日焼け止めクリームを準備しておきましょう。

その他、子ども連れでの参加もできる場合は、子どもが飽きてしまわないよう、トランプなどのゲームやシャボン玉などのおもちゃ、バドミントンセットなどの簡単なスポーツ用品もいくつかあるとよいですね。余興の時間があるなら、被り物や仮装用衣装があると盛り上がります!

参加者の中で、腰や足が悪く、敷物に直接座る体勢をとるのが難しい人がいるなら、折り畳みの簡易チェアを準備しておくと喜ばれます。

花見準備の達人になれる?あると喜ばれる便利グッズ

ここでは番外編として、花見に役立つ便利グッズを紹介します。

ゴミ箱いらずのテープ付きゴミ袋

普通のごみ袋との違いはテープがついているかどうかのみですが、これが意外と便利なんです。

一時的な作業にぴったり、かつゴミ箱いらずなので設置と管理が楽にできます。(花見なら木にくっつけておくと便利)BBQやオフィスでも絶対に活躍できるアイテムですね。

「ゴミ箱いらずのテープ付きゴミ袋」の詳細を見る

思ったより寒い

花見の季節は3月下旬から4月上旬が多いと思いますが、春といえど毎年寒いですよね?それもそのはず、平均気温は1月2月とそう変わりません。特に日が落ちて夜になると、「花冷え」という言葉ができたくらい、気温が一気にさがります。晴れていても気温が上がらない日もあるので、少し大げさなぐらい、防寒具を持っていく事をおすすめします。

冬ものの上着はもちろん、ひざ掛け用のブランケットやストール、ルームシューズや使い捨てカイロなど重宝します。幹事として、事前に連絡していると、気が利くと思ってもらえるかもしれません。もし薄着で来て寒くなってきた場合はあたたかい飲み物を自動販売機などで買って渡してあげるとよいですね。

どんなところで場所取りすればいいの?

立地がわかっている場所以外は下見や下調べが大前提。どんな場所なのか、近くに店があるか、火気使用OKかなど、周辺環境や地域のルールを知っておくと、場所取りの位置も具体的にイメージできます。

バーべキューをして いたら火気厳禁で厳重注意なんてことも絶対に避けましょう。

ご提案として、参加者への連絡は2週間前ぐらいにはしておくと安心です。当日の天気を確認し、必要であれば予備日も考え、伝えておくと当日慌てる事はありません。

写真写りのよい場所

飲食や余興で盛り上がってしまい、「花より団子」状態になるかもしれませんが、それでもやはり花がたくさん咲いている場所を確保したいものです。大ぶりな枝がある場所や花が密集している場所、上から見下ろせる場所などがおすすめです。

トイレとの距離

花見が2時間を超えるなら、トイレに行く回数も数回あるでしょう。近すぎると食べたり飲んだりするときに気になるので、トイレに歩いて数分で行ける距離の場所を取れると理想的です。

飲み物をたくさん飲むので、必然的にトイレに行く回数は増えます。

ゴミ捨て場との距離

ゴミ捨て場も、片付けを終えてさっと帰るには近い方が便利。

迷ったときの目印

花見を行う場所が広い公園などであれば、買い物やトイレに行って帰ってくるときに迷いやすくなります。場所を間違えたり迷って別の方向に行かないよう、看板や露店などを目印にして覚えておくとよいでしょう。

食べ物や飲み物の持ち込みは可能かどうか

会場によっては環境保護のために飲食そのものが不可というところもあります。また昨年までOKだったけれど今年からNGになったというケースも珍しくありません。食べ物や飲み物を持ち込んでもよいかどうかは会場決めの際に必ずチェックしておきましょう。

バーベキューが可能な場所かどうか

昨今、マナーの悪い花見客の存在や、景観保護の観点で、会場の全面、もしくは一部で「火気厳禁」とルールが定められている事が多くあります。もし、花見、兼バーベキューの予定をしている場合は、早め早めの事前の確認が必須であることを覚えておきましょう。

花見の準備 宴会編

宴会に必要な物

  • お花見弁当
  • おつまみ
  • お菓子
  • 飲み物(アルコール、ソフトドリンク)
  • 暖かい飲み物
  • 紙コップ
  • 割りばし、紙皿
  • 簡易チェア
  • ウェットティッシュ
  • 爪楊枝
  • クーラーボックス
  • 保冷剤

花見では食事がつきものなので、食べ物と飲み物を人数分準備します。バーベキューができる会場なら野菜や肉の準備が、そうでなければ取り分けしやすいオードブル系の準備が必要です。

飲み物は、アルコールがOKの人とNGの人両方が楽しめるよう、ビールなどのお酒とお茶などのソフトドリンクのどちらも準備しておきます。

飲食用の紙皿や割りばし、紙コップなど、食器類は処分しやすいよう紙製のものがよいでしょう。それらを入れるためのゴミ袋も多めに準備します。

花見の規模が10人を超えると、食器類が誰のものかわかりにくくなるので、あらかじめ名前を書いておくと便利です。そのためのマジックやペンがあるといいですね。

食事中に手を拭いたり、敷物などへの汚れを拭き取れるウェットティッシュや、食べ物や飲み物が足りなくなったときに屋台などで買い足せるよう、小銭も準備しておくとよいでしょう。

花見の準備 BBQ編

BBQに必要な物

  • バーベキューセット一式
  • 折り畳みテーブル、椅子
  • 包丁、まな板、はさみ
  • ライター、チャッカマン
  • アルミホイル、サランラップ
  • バーベキュー用の食材
  • 懐中電灯
  • 食器類

以上がバーベキューで必要なものです。

これから、バーベキューを最大限楽しむためのチェックポイントをご説明します。

桜の木の下でのバーベキューは注意

花見の場所取りでは桜の木の下が人気ですが、桜のシーズンの終盤は、桜が散りだすと花びらがコンロに降ってくるので注意が必要です。

風向きも考えて、時期によっては少し桜の木からずらすと良いかもしれません。

夜桜には灯りを

BBQは火を使うので、日が落ちて真っ暗になると注意が必要です。

そうならないように、懐中電灯やランタンなど灯りを用意していきましょう。

花見の準備 片付け編

片付けの時に必要なもの

  • ゴミ袋
  • ビニール紐
  • 新聞紙
  • ティッシュペーパー

花見をする公園は公共の場です。マナーがあまりに悪いと、規制が増えたり、花見自体ができなくなってしまうことにつながります。騒音は控え、来た時以上にきれいにして帰れると良いですね。

大人数になると、ゴミもそうとうな量になるので、人数が減ったら片付けを繰り返すようにするのが片付けのコツです。一人ひとりモラルを守って楽しみましょう!

まとめ

今回の記事のおさらいです。

・【持ち物一覧】を必ずチェック

・花見当日2週間程度前に天気、予備日の確認

BBQをやってもいいか絶対確認

防寒具は忘れずに

トイレとゴミ捨て場は遠すぎないこと

・マナーを守って、来た時よりきれい

花見はとても楽しいものですが、段取りが悪かったり当日トラブルが続出してしまうと楽しめなくなってしまいます。幹事役は大変ですが、滞りなく進めるには事前準備がしっかりできているかどうかにかかっています。

今回の記事の内容を順番に実践していけばきっと大丈夫。1人で頑張らずに複数の人で協力し合いながら進めていってくださいね。

 
 

この記事が参考になった方はこちらの記事もおすすめです。
>>『デスクワークとお尻の痛みはセット?原因究明と改善ストレッチ』
>>『デスクワークの時の姿勢が大事!良い姿勢に保つ方法を解説』
>>『デスクワーク中の眠気を解消したい!原因と姿勢を良くする対策法』
>>『デスクワークで肩こりになる!原因や解消方法・効果的なグッズを紹介』

さらにこちらの内容もおすすめです。
>>『オフィスチェアの選び方【基本】とおすすめの商品を紹介』
>>『社内コミュニケーション活性化のための4つの方法と企業事例』
>>『オフィスレイアウトでの机の基本配置と場所別の配置の仕方を解説!』
>>『フリーアドレスをオフィスに導入するメリットとデメリットを徹底解説』

TOP