オフィスのお悩みレスQ

ファイルボックスの種類と上手な収納方法

オフィスで扱っている膨大な資料をきちんと分類して、美しく保管するにはファイルボックスを使った収納方法がおすすめです。

この記事では、ファイルボックスを使って、具体的にどのように収納するのか、また、どんな種類のファイルボックスがあるのかを紹介していきます。

ファイルボックスの「材質」、「デザイン」、「サイズ」

ここではまず、ファイルボックスの材質、デザイン、サイズについて解説したあと、メーカー別のおすすめのファイルボックスを紹介します。

ファイルボックスの材質の種類

ファイルボックスの材質の種類には、紙製、プラスチック製、ダンボール製などがあります。それぞれどのような特徴があるのか見てみましょう。

紙製

紙製タイプのファイルボックスは、特殊な表面コーティングをして耐久性を高めた厚紙でできていて、しっかりと保管機能を果たします。ワンタッチで組み立てることが可能になっており、書類が増えたときにすぐに組立てができ便利です。

環境にやさしい再生紙の厚紙を使ったタイプもあります。紙なので、分類などの記載を直接書き込むことができるのも、手軽に使えるポイントとなっています。

プラスチック製

プラスチックタイプは、軽くて薄いプラスチックのシートを使ったものです。優れた耐久性と軽さを兼ね備えており、ファイルボックスとしてとても人気が高いタイプです。

ワンタッチで組み立てることができるようになっているタイプもあります。仕切り板が付属していて、ボックス内でさらに分類するのに役立てることができます。ハンドル付きで、本体も持ち運びできるように厚みのあるプラスチック素材を使ったものもあり、用途に応じて使えるところもよいですね。

ダンボール製

ダンボールタイプは、丈夫なダンボールでできたファイルボックスです。低価格で、大量に書類などを保管する場合によく用いられます。

ワンタッチで組み立てできるようになっていて、大量に購入したとしてもそんなにかさばりません。古紙を利用したエコタイプのダンボールファイルボックスもあります。

ファイルボックスの「デザイン・サイズ」の種類

サイズ

ファイルボックスにはさまざまなサイズの種類があります。保管する書類のサイズに合わせて、ファイルボックスのサイズを決めるとよいでしょう。

よく用いるA4用紙のサイズ、少し大きめのB4用紙サイズ、レターや伝票にピッタリのB4 1/3サイズ、図面などでも使えるA3サイズ、領収書や小さなカードに最適のA5サイズなどがあります。

デザイン

ファイルボックスのデザインの種類には、箱型、カットタイプなどがあります。箱型のファイルボックスは、書類をボックスに収納して、ふたを閉めることができるタイプです。さほど見返すことのない長期間の保存が求められる資料を入れるのに適しているといえます。

カットタイプは、ファイルボックスに切り込みが入っていて、取り出しやすくなっています。デスク上でいつでも出し入れするような書類の管理に向いています。ファイルボックスにはいろいろなカラーバリエーションがあります。色を統一して整然とした雰囲気を保つことができますし、収納物ごとにカラーリングを変えて、見分けやすくしておくこともできるでしょう。

メーカー別のおすすめのファイルボックス

「カウネット」

日本の事務用品を数多く扱う老舗メーカーで、ファイルボックスの分野においても、シンプルで整然とした収納ができるような素材やサイズのラインナップがあります。中でも、カットタイプの「書類が探しやすい簡単5分類ファイルボックス」は、ファイルボックス内の書類の分類が簡単にできる5山インデックシート付きで使い勝手がいいです。

「書類が探しやすい簡単5分類ファイルボックス」の詳細を見る

「無印良品」

くらしを豊かにするよく考えられたシンプルなデザインのファイルボックスのさまざまなサイズのシリーズがあります。

「ニトリ」

多彩なデスク周り用品のラインナップがそろっています。ファイルボックス用の棚との組み合わせも人気です。

ファイルボックスを収納する方法とアイデア収納

棚を利用してファイルボックスを収納する

ファイルボックスに書類や小物を収納したなら、そのファイルボックスを収納する棚スペースが必要になります。

オフィスにすでにあるキャビネットを使って、収納していくこともできるでしょう。その際には、キャビネットの棚の高さや幅などを前もって調べておいて、そのサイズに最適なファイルボックスを手配するようにすると、よりまとまり感が出て、スペースを無駄にしない空間デザインをつくれことができます。

棚も新規でそろえないといけないという場合であれば、ファイルボックスとセットになった商品がおすすめです。同じメーカーのファイルボックスをぴったり収めることができるバリエーション豊かな棚を見つけることができるでしょう。

ファイルボックス収納のアイデア

ファイルボックスで収納できるのは、書類だけではありません。たとえば、美しく収納するのに困ってしまうのは、ケーブル類などではないでしょうか。

おしゃれなファイルボックスに、モデムやルーターごと入れて収納するなら、インテリアとしても見栄えがよくなります。文具や工具などの小物類もよく分類してファイルボックスに収納してしまいましょう。

まとめ

ファイルボックスを有効活用することで、収納の効率とインテリア性が格段にアップすることがよくわかりました。

この記事の内容を実践して、ファイルボックスでオフィスの整理整頓をしましょう。 ご自分のセンスを存分に活かして、オフィスを機能的で美しくできるファイルボックス収納を楽しんでください。

文中でも紹介しましたが、カウネットオリジナルの便利グッズを他にも見てみたい方はこちらを参考にしてみてください。
カウネットの商品をもっと見てみる

TOP